美容の講師インストラクターを目指すなら日本小顔矯正認定協会にお任せ下さい。

日本小顔矯正認定協会

コンセプト

ごあいさつ

女性の美に対する意識はいつの時代も変わりはありません。不況と言われる昨今でも、美と心と体のケアに投資する人は後を絶えず、美容業界では現在、小顔矯正・美容矯正を中心にシェアは大幅に伸びております。

 

また、小顔矯正・美容矯正は表面の美だけを追求するものだけでなく、美しくなることにより心や体の健康にも繋がる密接な関係があり、「予防医学」の面からも、セラピストが果たす役割は今後さらに大きくなっていくことでしょう。

 

世界の中でも美容大国といわれる日本ですが、全国にある数万件といわれているサロンも、その多くは価格競争や流行の変動は激しく、職業として「先が見えない」「このままで良いのか」と不安が抱えているセラピストを、これまで多く目の当たりにしてきました。

 

その一方、世界に目を向けてみると、アメリカやヨーロッパなどでは、「医者ができないことをセラピストが行う」ということが一般的です。セカンドオピニオンをという言葉が最近浸透してきましたが、予防医学が日本でも定着しつつある現在、セラピストはその言葉の通り、美容と健康、トータルサポートをする力が求められることが基準となってきています。

 

日本小顔矯正認定協会では、日本の小顔矯正・美容矯正をよりスタンダードなものへと導いていくという、コンセプトを持ち、小顔矯正認定協会を設立致しました。この協会で学ぶことはプロのセラピストとして、「美の本質とたしかな技術を習得する」ということ。施術の目に見える結果をしっかり出し、美意識の高い日本の女性の願いにも総合的に応えたい。私が小顔美顔メソッドを確立させたのもこのためです。

 

クライアントの印象をわずか数秒で顔の骨格を正しい位置に戻し、全身の骨格を整えることこそが、本来の自己治癒力を高めるための美の真髄と言えます。変化する時代の中、施術者も働き方が多様化する時代に突入してきています。美意識が高く、サロンにおいても美の真髄をよく見てよく判断する女性には、たしかな技術を身に付けることで、本物の力は必ず伝わります。

 

そのためには、総合的なテクニックやクライアントの状態を的確に判断できる力、きめ細やかなおもてなしの心が必要になります。これは、私がキャリアをスタートさせた頃から、常に追求し続けてきたことでもあります。この揺るがない信念がセラピストやクライアントにも伝わり、全国の他、海外からセラピストを目指し受講していただける源になっていると実感しています。これからも多くの方に、たくさんのチャンスを掴んでいただきたいと心から願っております。

 

【掲載・出版書籍】
小顔 資料 メディア

 

お問い合わせ・資料請求はこちら



TOP 代表挨拶 協会について セミナー情報 認定サロン お問い合わせ